鳴海教会は1954年にナルミ製陶の社宅で二人の婦人の信仰によって始められました。
最初は木曜日に信徒のご家庭を開放していただき、礼拝と教会学校を行いました。
1957年には鳴海伝道所を開設し、以来、何度か場所を移しながら名古屋市緑区で活動をしてきました。
2019年に現在の鳴海町矢切に新たな会堂を建築し、礼拝と集会を守っています。
少人数ならではのアットホームな教会です。 鳴海教会は正統的なプロテスタントの信仰に立つ教会です。
日本基督教団に属し、金城学院や名古屋学院とも親しく交わりを持っています。 統一教会、モルモン教(末日聖徒キリスト教会)、エホバの証人(ものみの塔)とは関係ありません。 強引な勧誘やご自宅を訪問しての販売などは行っておりません。